本文へ移動

神経内科外来紹介

神経内科外来紹介

神経内科外来 則行Dr
 平成14年10月より当院で神経内科外来を担当しております則行です。よろしくお願いいたします。
 
  馴染みの患者さま方も増え、毎週楽しく仕事をさせていただいております。神経内科領域一般を担当しますが、その中でも特に脳卒中の予防と治療(リハビリテーションを含む)、慢性頭痛の治療、認知症を専門にしています。また、高血圧や不整脈などの循環器病も併せて診療しています。
神経内科とは、主に脳の血管障害(主に脳梗塞)、てんかん、神経や筋肉の病気を扱う診療科です。症状でいいますと、頭痛、麻痺、しびれ、ふるえ、ふらつき、めまいで悩まれている患者さんの診療・治療に当たります。

平成23年7月より、もの忘れ外来を開始しました。ご家族に「最近、忘れっぽいので心配」、「認知症がとても気になる」という方がいらっしゃれば、ぜひ受診なさってください。 神経内科にとどまらず内科一般を幅広く診療していますので、もし気になる症状がおありになれば、どうぞお気軽にご相談ください。
 

●研究テーマ
 ・労働環境と頚椎アライメント変化との関連性
 ・慢性頭痛の治療
 ・血圧管理と脳卒中予防

●著書
 ・のんびり学ぼう
 ・神経内科ガイドブック脳卒中急性期編 (2006)
 ・回復期リハビリテーション病棟実践ガイドブック(2008)
 ・リハビリテーションを学ぶ学生のための臨床神経学講義テキスト(2009)

●役職等
 ・大分協和病院 副院長
 ・大分県回復期リハビリテーション病棟連絡協議会理事
 ・平松学園大分リハビリテーション専門学校 臨床神経学講師
 ・日本医師会認定産業医
TOPへ戻る