本文へ移動

行動計画策定

行動計画策定

従業員が仕事と子育てを両立させることができ、従業員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての従業員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。
 
(1)計画期間 平成25年7月1日から平成28年6月30日までの3年間
(2)内容

【目標1】育児休業期間中の代替要員の確保及び業務体制の見直し。
<対策>
 ・平成25年~     求人、採用人数の拡充をし、業務分担の見直しや職種の業務域の見直しをすることにより、  育児休業中以外の他従業員の業務の負担を軽減する

【目標2】平成26年4月までに、小学生未満の子を持つ従業員が、希望する場合に利用できる短時間勤務制度を導入する。
<対策>
・平成26年1月     従業員の具体的なニーズの調査、制度の詳細に関する検討の開始
・平成26年7月~  朝礼・院内回覧を活用した周知・啓発の実施

【目標3】平成26年4月までに、年次有給休暇の取得日数を、一人あたり平均年間5日以上とする。
<対策>
・平成25年10月~   職員へのアンケート調査、実態調査
・平成26年7月~     有給休暇取得の片寄りの是正を図り、均一した年次有給休暇の取得ができるよう対策を考案し、実行する

TOPへ戻る